photo credit: Skirenn i Trysil NM i storslalåm – Trysil via photopin (license)

昨日、テッド・リゲティ、今季終了のニュースを流しましたが、ほぼ同時に実はスビンダルも今季終了のアナウンスを出していました。(記事アップ後に気づきました)

 昨シーズンの怪我の手術を受けた右ひざの調子が悪く、結果的にもう1度入院をしてきちんと治療することを選択したようです。ただ、技術系種目とは違い、彼はもうオールラウンダーではなく、ダウンヒラーですからブランクがあっても今季表彰台に乗り続けたので、2018年の冬季五輪(ピョンチャン)に向けて万全の体制を整えてくるのではないかと思います。

 ミラーもいないですし、この2人がオリンピックの大舞台で本当の世界一を決めてもらえれば、ワールドカップも最高のシーズンになるのではないかと思います。どうしてもヒルシャーに向きがちなここ数年のワールドカップですが、この2人が戻れば高速系も盛り上がるのは間違いないでしょう。

1日でも早く完治して戻ってきてもらいたいですね。

Here we go again… Ever since the Val Gardena downhill I've had a strange feeling in my knee. Something didn't seem right. We did MRI scans and manual checkups, but couldn't really determine 100% if something was wrong or not. After trying the training runs in Wengen I made up my mind. Something's not right…,and we needed to figure out what. Together with the medical team I took the decision to do another surgery. What they found was a meniscus that was no longer attached to the bone. That's no good in a downhill course… Meniscus not attached means no function, and no function means every landing on a jump and every hit to the knee is painful. The good part is that there are great chances of this being much better next winter. The bad part is that it's back to the crutches and no more skiing this winter… Hmmmm. Sounds familiar.. But if it can be better next year, it's more than worth it:)

Aksel Lund Svindalさん(@asvindal)が投稿した写真 –