photo credit: Lex Kravetski Switzerland, Urner See via photopin (license)

ブログに書くネタがない、アフィリエイトでまったく稼げないじゃんという方圧倒的に多いと思います。しかも1年以上やっても成果が出ないという人はそもそも大きな問題点があります。詳しいノウハウは記事下にあるのでそちらを参考にして欲しいのですが、1つ朗報があるとすれば

「1年ブログをやってる人はたぶん成功できる」

と思います。それは以下のような理由だからです。

書くのが好きじゃないとブログやアフィリエイトで稼ぐことは絶対無理

これ1番大事です。サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐまでの奮闘記第3巻「会社が忙しくても副業ブログで稼げる人の特徴」の中でもブログやアフィリエイトで成功する人の共通点が書かれており、

「書くのが好き」

というのが書かれています。1年ブログを書き続けた人はまず最初の成功条件というか、最も大切なところができているので、あとは努力ではなく工夫ではないかと思います。
 
 これには私も同感で、ブラック企業で働いていた時代も深夜2時に帰宅して早朝5時にはブログ書いて、7時に自宅を出るという生活をやっていた時期があります。

「ブログを書くのが癒しの時間」

になればあとはこのブログのノウハウ系の記事などを読んで、「売れる書き方」や戦略を学べばかなり結果が変わってくるのではないかと思います。極端な話、テレビを見ている時間がまだあるのなら、成功する確率は難しいかもしれません。一流と呼ばれる人達はそれよりも重要なことに時間を費やしていますし、そもそもブログ更新が辛いとか思わないわけです。四六時中ネタ帳に書き溜めています。

ブログを書くのが1番の趣味になれるか?

要はそういうことです。プロスポーツ選手は誰よりもそのスポーツが好きですし、暇さえあればカラダを動かしています。結果を出すことを考えるのがもう趣味と言っても良いくらい、そのことばかり考えています。

 こういうレベルで日常を過ごすことができているかどうか。プロブロガーの立花岳志さんもノマドワーカーという生き方の中で生活の最優先順位をブログにしたと書いてます。管理職で働いていた当時からこのような取り組みをブロガーのほとんどがやっているので、あなたより忙しい人でも世の中では成功してるわけです。

 これはブログに限った話ではなく、ビジネス全般、スポーツや芸術の世界に同じことが言えるので、社会人ならばいかに短い時間で成果を出していくかということ、成功までの最短距離を考えていく必要があります。ですが、欲望を間違った方に力を使うと詐欺的な情報商材とか買うハメになるので、しっかりとその情報が正しいのかどうか、自分に合っているのかどうかを考えていく必要があります。

 すぐに結果を求める、つまりビジネスではなくギャンブルとしてアフィリエイトに取り組む人(お金の亡者)は、儲かる系商材を買って騙されるのがオチなので、さっさと止めるべきでしょう。時間の無駄になります。(こういう人をカモにする人もいるので、ある意味で需要と供給が成り立っていて不思議ではありますが。肉食系、体育会系に多いかもしれませんね。)

 人にはスタイルがありますから、自分の生活に合った環境で、最も成長するプランニングをすることが重要と言えるでしょう。記事をいくら書いても稼げないという人はこちらを参考に、売れ続ける記事の書き方や文章構成を学んでみてください。