サルワカさんのワードプレステンプレートSANGOを購入。メリット・デメリットをレビューしてみる。

SHARE

サルワカさんのワードプレステンプレートSANGOを購入。メリット・デメリットをレビューしてみる。

サルワカさんからついにワードプレステンプレートが発売されたのでさっそく購入してサーバーにインストールしてみたので、メリット・デメリットをレビューしてみたいと思います。まだサンゴというテンプレを見たことがない人は下記の公式サイトからどうぞ。

参考

SANGOsaruwakakun.design

ザックリとした感想

デザイン全般はプロスペリティのブログを見てもらえればわかるかと思いますが、非常にシンプルに見えて実はかなり機能的です。あえてライバルを出すなら「ストーク」WordPressテーマでしょうか。私はどちらもワードプレスにインストールしているのでどちらのメリット・デメリットをよく知っていますが、初心者向けならストーク、中級者以上ならサンゴといった感想です。なぜなら設定がサンゴの方が面倒だったので、さっそくレビューしてみたいと思います。

サンゴのデメリット

先ほども述べたように、実際にサンゴを使ってみて思ったのはワードプレス初心者にはちょっと難しい設定が多いかなと思いました。例えば見出しを変えたいなーと思ったら

子テーマダウンロード→CSSファイルにプログラムをサルワカからコピペして若干改変して変更

といった具合だからです。

参考

CSSのコピペだけ!おしゃれな見出しのデザイン例まとめ68選サルワカ

上記のサルワカサイトでソースコードをそのままコピペして、子テーマに貼付けるわけですが、例えば当ブログの見出しはこんな感じにしないと見出しが変更されないといった具合でちょっと面倒でした。

*H3の見出し(サルワカにあるコード)

CSS
h1 {
position: relative;
padding-left: 1.2em;/*アイコン分のスペース*/
line-height: 1.4;
}

h1:before{ font-family: FontAwesome;/*忘れずに*/
content: "\f00c";/*アイコンのユニコード*/
position: absolute;/*絶対位置*/
font-size: 1em;/*サイズ*/
left: 0;/*アイコンの位置*/
top: 0;/*アイコンの位置*/
color: #5ab9ff; /*アイコン色*/
}

*サンゴに貼付けるときのソースコードはこっち。まず上記をコピペして、赤字の部分を足す必要があった。またH3にしたいのでH1をH3にする必要がある。

CSS
.entry-content h3 {
position: relative;
padding-left: 1.2em;/*アイコン分のスペース*/
line-height: 1.4;
}

.entry-content h3:before{ font-family: FontAwesome;/*忘れずに*/
content: "\f00c";/*アイコンのユニコード*/
position: absolute;/*絶対位置*/
font-size: 1em;/*サイズ*/
left: 0;/*アイコンの位置*/
top: 0;/*アイコンの位置*/
color: #1e3570; /*アイコン色*/
}

この辺の詳しい設定方法はサンゴのカスタマイズガイドに書いてるので、購入を検討されている人は参考にしてみてください。

ちなみにこれは個人的な推測ですが、サンゴのターゲットはサルワカ読者であり、元々ははてなブログで運営しているLITERALLYファンも多いと予想できます。はてな使用者は勤勉で高学歴が多いという印象がありますから、ワードプレスのソースコードを1からサルワカで勉強した人も多いと思われるので、こういったワードプレステンプレートになったのかな?と思いました。

 無料テンプレのsimplicityは以前このブログでも使用していましたが、たぶんこれが1番初心者向けのテンプレであり、有料ならばストークといったところでしょう。

 なので、デメリットはサンゴは初心者向けではないというのが私の感想です。

サンゴのメリット

私が購入の決め手となったのは圧倒的に

カテゴリーのSEO対策

ができる点でした。

 すでにこちらでテストを開始してテキストを埋め込んでいますが、画像なども埋め込めるので、現在カテゴリーのSEO強化が始まっています。

 このカテゴリーのSEO対策は 副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト でタクスズキさんが詳しく書いていますが、個人的にも過去記事を生かすため、カテゴリーを上位表示できないかと考えていました。他のテンプレでもできるにはできるのですが、見た目的にサンゴの方が見やすいので、即購入となりました。

 あとは豊富なショートコードがあるので、上記でも使ったHTML解説なども今後ショートコードを貼付けるだけで非常に文章が整理されてみやすくなっているので、こういった点も高評価でした。

 図をスライドさせてレスポンシブデザイン対応になったりと、説明・解説系のワードプレスブログにとっては豊富な機能を揃えているのがサンゴの特徴かと思います。またデザインも女性ウケしそうなシンプルで可愛らしさも随所に入っているので個人的にも重宝しています。

 カスタマイズがちょっと難点でしたが、これからワードプレスのカスタマイズを勉強したいという人、SEOを強化していきたいという人などは非常におすすめできるテンプレートと言えます。

 サンゴのカスタマイズ、SEO対策に関しては今後も引き続き書いていきますのでお楽しみに。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.