お客さんを増やしたい、利益を上げたい、収入を上げたい人、スポーツの資金作りをしたい人のために超初心者でも簡単にホームペ...

スキー用品通販店とアルペンW杯・冬季五輪速報のブログ

各種スキー用品・アルペン最新情報は下記からご覧いただけます。また、SNSへの投稿は不定期となりますので、最新情報はこのページでチェックしてください。なお、リンクする際はProsperityではなくこのページのURLと「スキー用品通販店とアルペンW杯・冬季五輪速報のブログ」というタイトルにして必ずテキストでのリンクでお願いします。

更新情報:
2017年9月23日:冬季五輪、アルペンスキーワールドカップカテゴリー更新
2017年9月20日:ズズロバ、二ヶ月で復帰の可能性(怪我カテゴリー更新)
2017年9月17日:アンナ・ヴェイス(旧姓:フェニンガー)が復帰。アルペンスキーワールドカップに詳細を記載。
2017年9月15日:苗場アルペンW杯2020の大会予算は3億6000万円。全日本スキー連盟のコーナーを更新。
スポンサーリンク

全国のスキー用品専門店はこちら

楽天市場スキー用品
品数がおそらく日本一ではないかと思うくらい、物凄い数の商品があります。ニューモデル・旧モデルのロシニョール、アトミック、フィッシャー、ヘッド、エラン、ケスレー、KEI-SKI、サロモンなどの板、ラング、レグザム、テクニカなどのブーツ、ミズノ、フェニックス、デサント、シュースなどのウェア、その他ワックス・チューナップ用具、ヘルメットなどを販売、様々なスキー用品を売っているところです。

国内・海外スキー旅行・ツアー予約状況、遠征先の宿泊施設空室状況

国内、海外のホテルや旅館、民宿の現在の空室状況、ご希望の日程の値段などリアルタイムでわかるサイトを紹介しています。...

アルペンスキーの教科書(上達する練習方法)

アルペンスキーの技術と基礎スキーの技術が混同して選手達が勘違いしているというネット上の声が沢山あるので、改めて教科書的なものをこちらの1ページにまとめていくことにしました。基本的な話から海外の最新のトレーニング情報までを掲載していきます。

アルペンスキーの練習方法を教科書的な感じでまとめています。練習方法から資金調達まで書いていきます。

アルペンスキーニュース一覧

以下にカテゴリー別にニュースをまとめておきます。ニュース記事は直接このページに書き足しています。

アルペンスキーワールドカップ

2017年9月23日:湯沢町が2020年アルペンスキーワールドカップ計画見送り
湯沢町が2020年アルペンスキーワールドカップ開催計画について見送る方針を決めました。詳しくは下記を参照してください。

湯沢町、再開催の受け入れ見送りへ20年アルペンスキーW杯
苗場での2度目のアルペンW杯断念「負担重い」

2017年9月17日:アンナ・ヴェイス(旧姓:フェニンガー)がカムバック
2015年10月。オーストリア・ゾルデンでの開幕戦直前の練習で両脚の前十字じん帯、外側側副じん帯、さらに膝蓋腱(しつがいけん)を断裂したアンナ・ヴェイスが2017−2018アルペンスキーワールドカップからカムバックすることになりました。途中、結婚もあり新たな登録名での再スタートなります。総合優勝争いが激しくなるかもしれないですね。

*写真はこちら

2017年8月8日:ヘンリック・クリストファーセン、1年間ナショナルチームにサイン。来シーズンは独立か?

ノルウェーの技術系スペシャリスト、ヘンリック・クリストファーセンが先日ナショナルチーム入りをしました。実は6月時点ではスポンサー問題で対立していて、個人でトレーニングしていましたが、先日ようやくナショナルチーム入りにサインをしました。おそらくピョンチャンオリンピックの問題もあるのでレッドブルとのスポンサー契約よりも連盟との関係を重視したのではないかと思われます。ちなみに6月時点までの情報を簡単にまとめるとこんな感じです。

・クリストファーセンとチームとは仲が良くないという噂が流れている。
・レッドブル以外の問題もある。
・この件に関してチームは口を閉じるよう連盟から指示が出てる。
・6月時点ではまだナショナルチーム入りにサインしていない。オスロで個人トレーニング中

といった報道がメディアでかなり出回っていた状況で、2年前から続くレッドブルとの契約問題がチーム自体にあまり良い印象を与えなかったようです。ただ、これはアルペンに限らず、ノルウェーチームのクロスカントリーの選手も同様の問題を抱えており、一時独立してコープと契約したPetter Northugは結果としてワールドカップに参戦するにはナショナルチームに属した方が良いという判断をし、3年間の個人活動後チームに復帰した経緯があります。

ただ、気になるのはクリストファーセンは「1年契約をした」ということですから、五輪後はどうなるかわかりません。ナショナルチームは毎年メンバーが変わりますが、クリストファーセンは間違いなく1番のスラローマーでしょう。彼がナショナルチームに入らないで活動をすればウェアなども自由になるはずですから、マテリアル契約も大きく変わってくるかもしれません。

ちなみに、スウェーデンも同じような仕組みで選手全員のヘルメットにエネルギー企業のVattenfallのロゴを付けて滑っています。

基本的にナショナルチームの広告規定では同業他社の掲載はNGですが、違う分野であれば問題ないところがほとんどのようです。しかし、北欧のノルウェーはテレノア、スウェーデンチームはVattenfallという規定になっており、ヘルメットはこの2社で最初から決まっています。

クリストファーセンは地方裁判所では敗訴していますが、今後ナショナルチームに属せず、個人で活動する可能性が十分あるのではないかと思います。また、誰もが出版社・メディアを1時間ほどで立ち上げ、プロスキーヤーとして誰もが活動できる環境にあるので、クリストファーセンのような選手は今後増える傾向になるのではないかと思います。(もうテレビやDVDを見る時代ではないですからね。CS・インターネットライブ放送などにお金を払って価値あるコンテンツを見るか、ネットで人工知能が必要な情報を選別して届けてくれる時代ですから。Jリーグもネットですし。)

冬季五輪後の2018−2019シーズンにクリストファーセンにまた動きがあるのか注目です。

参考:www.skiracing.com/stories/henrik-kristoffersen-resolves-sponsor-dispute-with-norwegian-federation

2017/1/20:スキー連盟がW杯史上初の男子のレースにリンゼイ・ボンを出場許可へ。湯浅選手の話題他
2017/1/13:リンゼイ・ボン明日ワールドカップスキーへ復帰。ステンマルクまであと10勝。
2017/1/8:動画:ティナ・マゼ(SLO)ラストラン、アーデルボーデンGSリザルト、日本勢SLスタートリスト
2017/1/6:湯浅直樹選手W杯SLランク12位まで浮上。チョン ドン ヒョン(韓国)14位で2度目のW杯ポイント獲得
2016/12/23:速報:湯浅直樹選手1本目途中ラップで8位。アルペンスキーW杯マドンナ・ディ・カンピリオリザルト
2016/12/21:速報:ボディ・ミラー、早ければW杯スキー1月復帰か。それとも引退、または2017−2018シーズンから再開か。

選手の引退、怪我に関するニュース

2017年9月20日:ベロニカ・ズズロバ(スロバキア)、二ヶ月で復帰の可能性
下記のニュースでズズロバの怪我についてお知らせしましたが、通常の治療期間は半年以上だったようですが、新しい治療法に挑戦し2ヶ月に短縮するという報道も一部出ています。12月にワールドカップ復帰があるのか、続報があればまたお伝えします。

*参照:Facebookの投稿はこちら

2017年9月13日:ベロニカ・ベレズ・ズズロバ(スロバキア)が右ひざ十字靭帯を損傷

2シーズン続けてW杯スラロームランキング2位を獲得し、シフリン最大のライバルとも言えるスロバキアのベロニカ・ズズロバがアルゼンチンでのトレーニング中に右ひざを負傷しました。診断の結果、右ひざ十字靭帯の損傷ということですが、具体的な治療期間についてはこの記事を書いている時点では明らかにされていません。2014年にも1シーズンを棒に振る怪我を追っている彼女。ピョンチャンオリンピックが迫る中での怪我となりますが、1日も早い回復を祈るばかりです。

*松葉杖を付いている写真はこちら

2017年8月20日:ヒルシャー、開幕戦欠場が濃厚。12月の可能性。
下記のニュースの続きですが、ヒルシャーの担当医が発表した情報によると復帰までは最低でも15週間はかかるとの見通しとなり、開幕戦のゾルデン欠場は濃厚となりました。また、フィンランド・レヴィで行なわれる男子回転の開幕戦も厳しい状況で、12月からの復帰となりそうです。

 こういう展開となってしまった以上、2017−2018シーズンはワールドカップではなく、オリンピックに向けて仕上げる計画でトレーニングしていくのではないかと思います。まずはしっかりと治療して完全復帰を願うばかりです。

参照Hirscher needs 15 weeks to recover, missing ski season start

2017年8月18日:速報:マルセル・ヒルシャー骨折。ワールドカップ開幕間に合うか?

2017−2018アルペンスキーワールドカップ開幕まであと2ヶ月ちょっと。ここにきて大変残念なニュースが飛び込んできました。W杯リーダーでもあるマルセル・ヒルシャーが左足首を骨折したというニュースが飛び込んできました。ヘリコプターでザルツブルグに移動しましたが、結果全治6週間で手術はしないとのことです。数字上では開幕に間に合う感じもしますが、調整遅れは確実なので、母国オーストリアで行なわれるゾルデンGSに間に合うのか心配です。

続報があればまたお伝えします。

time for a break 🙈

Marcel Hirscherさん(@marcel__hirscher)がシェアした投稿 –

2017/1/17:速報:アルペンスキーW杯GSスペシャリスト、テッド・リゲティ(アメリカ)今季終了へ

2018ピョンチャンオリンピック、2022年北京五輪、2026冬季五輪速報

2017年9月23日:フランスナショナルスキーチーム、ピョンチャン五輪不参加の可能性浮上。北朝鮮問題が原因。
北朝鮮のミサイル問題を受け、フランスナショナルスキーチームは情勢が悪化すれば2018年冬季五輪不参加を検討していることがわかりました。仏だけでなく、今後他国も検討する可能性は十分にあるでしょう。

参照:仏、北情勢悪化なら平昌五輪参加せず スポーツ相表明

2017年9月7日:ピョンチャン五輪チケット1日で1万枚売れる。

アルペンはまだチケットありそうですね。日本から応援に行かれる方はぜひ。
参照:平昌冬季五輪チケット 第2次オンライン販売初日1万枚

2017年8月29日:アルペンスキー女子日本代表、3大会ぶり冬季オリンピック出場へ

全日本スキー連盟(SAJ)は28日の理事会にて五輪選考基準を満たさなくても、国別枠「1」を使ってアルペン女子選手を3大会ぶりに冬季五輪に派遣することを決めました。最低でも大回転1名、回転1名の出場が決まっています。秋にはオリンピック出場内定者が発表されるようですが、女子に関しては基準を満たさない場合、12月26日〜28日に北海道阿寒で行なわれる全日本選手権で決定するということです。詳しくは下記の報道の記事をご覧下さい。

 全日本スキー連盟(SAJ)は28日、東京都内で理事会を開き、来年2月の平昌五輪の代表選考について、連盟が定めた派遣推薦基準の成績を満たした一部選手についてはシーズン本格化前の今秋にも代表に選ぶ方針を決めた。通常は年明けの1月に発表されていた。SAJの皆川賢太

2017年8月2日:スキークロス日本代表の台所事情。梅原玲奈選手、週6日のアルバイトとトレーニングの両立

梅原玲奈選手の記事が朝日新聞に出ていました。ナショナルチームも解散し、週6日アルバイトをこなしながら世界を目指していたというお話です。1分間弱の動画もあります。

*記事はこちら

北朝鮮問題とピョンチャンオリンピックに関する最新情報

1988年ソウルオリンピックのときは前年1987年11月29日に大韓航空機爆破事件があり、爆破の理由が「オリンピックの韓国単独開催」が原因でした。詳しくはウィキペディアなどに掲載されているのでそちらを参考にして欲しいのですが、2018年には冬季五輪のピョンチャンオリンピックが韓国で開催されます。ちなみに北朝鮮には馬息嶺スキー場という立派なスキー場を建設しており、2018年冬季五輪の南北共同開催検討も韓国側が検討するなど水面下では動きがあります。ただ、すでにオリンピックのテストレースは韓国側で行なわれているので、南北両国でピョンチャン五輪が行なわれるかはわかりません。

アメリカと北朝鮮の緊迫は増すばかりですが、すでに戦争とか爆撃・迎撃などの言葉がニュースで出てきているので、こちらも特集でお伝えしていきます。

2017.8.11 北朝鮮、8月半ばにグアムへ4発ミサイル発射準備。四国・九州地方上空を飛ぶ方向に。
すでにニュースでもご覧になった方も多いかと思いますが、北朝鮮はグアムへミサイル発射する可能性が出てきています。日本上空を飛ぶらしいので、詳しくはこちらをご覧下さい。

全日本スキー連盟(SAJ)、ナショナルチームメンバー

2020年湯沢・苗場アルペンスキーワールドカップ予算は前回大会に比べ1900万円増の3億6000万円を予定
下記の記事で打診という話を紹介しましたが、昨日その続報がニュースになっていました。大会予算が3億6000万円になりそうです。全日本スキー連盟からも6000万円が出るそうで、今後話を詰めていくことになるかと思います。

詳しい記事はこちら

2017年8月2日:湯沢町苗場にて2020年アルペンスキーワールドカップ開催計画。SAJが打診。

2016年に41年ぶりとなるアルペンスキーワールドカップ開催となった苗場スキー場。その同会場で再びワールドカップが開催されるかもしれません。すでに全日本スキー連盟側が湯沢町の方に打診していますが、大会予算など具体的な数字が明らかになっていないので、今後話し合いが進むと思われます。また、種目に関してですがまだこれも明らかにされておらず、おそらく前回大会同様スラロームと大回転の2種目になるのではないかと思われます。(参考:www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170801338211.html)

2017−2018全日本ナショナルスキーチームアルペンメンバー一覧

1 湯淺 直樹 ゆあさ なおき 男 1983年4月24日 34 スポーツアルペンスキークラブ 愛知県
2 大越 龍之介 おおこし りゅうのすけ 男 1988年11月29日 29 株式会社東急リゾートサービス 北海道
3 長谷川 絵美 はせがわ えみ 女 1986年5月8日 31 サンミリオンSC 福岡県
4 石川 晴菜 いしかわ はるな 女 1994年7月20日 23 木島病院 石川県
5 安藤 麻 あんどう あさ 女 1996年4月24日 21 東洋大学 学連
6 松本 達希 まつもと たつき 男 1996年1月12日 21 早稲田大学 学連
7 小山  陽平 こやま ようへい 男 1998年5月31日 19 日本体育大学 学連
8 加藤 聖五 かとう せいご 男 1998年4月14日 19 野沢温泉SC 長野県
9 若月 隼太 わかつき はやた 男 1999年1月26日 18 近畿大学 学連
10 相原 史郎 あいはら しろう 男 2001年1月20日 16 東海大学付属札幌高校 北海道
11 荒井 美桜 あらい みお 女 1997年3月18日 20 サンミリオンSC 福岡県
12 富井 雪奈 とみい ゆきな 女 1999年6月11日 18 長野俊英高校 長野県
13 君島 王羅 きみしま おーら 男 2002年6月28日 14 塩原中学校 栃木県
14 今井 勢弥 いまい せいや 男 2002年5月11日 15 川上中学校 長野県
15 水谷 美穂 みずたに みほ 女 2003年1月3日 14 開田中学校 長野県
16 前田 理利 まえだ りり 女 2002年11月30日 14 美深中学校 北海道
参考:http://saj-wp.appmlj.com/wp-content/uploads/AL_player.pdf

国際スキー連盟(FIS)

阿寒、糠平など国内・海外のFISレースに関する情報

国民体育大会

ヨーロッパカップ

ファーイーストカップ

ノースアメリカンカップ(ノルアム)

FIS/SAJポイント、ルール変更

W杯スキーテクニックメモ

保存版アルペンスキー動画ピックアップ

いつでもトップレベルの動画をチェックできるようカテゴリー別にまとめていきます。リンク先はYouTubeになります。

全日本選手権

第93回全日本スキー選手権男子GSトップ6
第94回全日本スキー選手権男子GS入賞者
第94回全日本スキー選手権男子SL入賞者

オリンピック

2014ソチオリンピック男子回転上位入賞者

保存版

ニューヨークタイムズ製作のテッド・リゲティのGS分析動画
残雪で荒れたバーンでもポジションが良ければスムーズな滑りができることを表現した動画(企画もの?)

スキー場の積雪状況、オープン日、リフト券早割などのニュース

ブログを作成・公開する方法から集客、マネタイズするノウハウまで全部1ページにまとめてます。
「いいね」するとブログノウハウ、スキーなどの情報を受け取れます。特定の情報だけ見たい人は「いいね」しないでください。

プロフィール:

一般の方からトップアスリートまでのブログを活用したブランディング・集客法・資金調達(マネタイズ)に関する話とアルペンスキーの最新情報を中心に書いています。気になる人はブックマークしておいてください。

趣味:筋トレ、読書、ブログを書くこと、ビジネスモデルの開発&テスト

SNS/RSSで購読する

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.