photo credit: Percita Lake Merimbula via photopin (license)

ドメインを取得する際、意外に世界的に登録が多いのが「数字」です。これ、あんまり知られていないのですが、世界中には縁起の良い数字というのがあり、それらは全て取られていました。もし知りたい人がいればお名前.comで実際に検索して見ると面白いので試してみてください。

 そんなドメイン取得に関する話、特にこのプロスペリティの取得までの経緯について書いてみようと思います。

SEO上のメリットはほとんどないが、数字にしておくことのメリットもある。

長くブログを運営する際、

1.デザイン変更
2.ブログタイトル変更

といったことが出てくる場合があります。なので私は長く使えるドメインって何かな?と考えた時、

「数字ならタイトル変更しても問題ないのでは?」

と思ったのです。

 もし、prosperityというドメインだったらタイトル変更の際違和感が出ますし、SEOとかSKIとかの固定概念が出るドメインなら特定の読者には記憶されやすくても、総合情報で勝負するブロガーにとっては別の読者に対しブランディングしにくいという側面があります。ですが、数字の羅列のような感じならブログタイトルをいくら変更しても、メインのコンテンツが変更されてもそのまま使えるというメリットがあります。

デメリットは?

一方でデメリットもあります。まとめるとこんな感じです。

1.固有名詞で検索された時、ブログタイトルとドメインが一致していれば1位表示しやすいが、ブログタイトルが他のサイトと似ていると上位表示しにくいという問題も起きてくる。(ドメイン名で直接検索されれば良いが・・・)

2.数字が多過ぎると覚えてもらいづらくなる。

3.サイトの意味がわかりにくい。けど、ブログの中身がある程度わかるような設計なら回避可能。

といったところでしょうか。

 ただ、今の時代SNSがあるのでブックマークや保存されればそのうち覚えてもらえるかと思います。

どんなドメインを取得すれば良いのか?

SEO重視の人であればドメイン名に商品名や値段を入れると上位表示しやすいのは有名です。こういったテクニック的な話はSEO対策関連本にも出ているので、参考にしてもらえればと思います。特にSEOテストやペラページで稼ぎたいアフィリエイターは「商品ジャンル+価格」を入れておくと上位表示しやすいかと思います。

 ただ、ここ最近は知的財産権を管理する弁護士事務所もSEO関係者に目をひらせているので、ドメインを取得した段階でドメイン返上メールが取得者に直接届くので、商品名やブランド名を直接ドメインに入れるのは止めておいた方が良いでしょう。私も某ブランドの顧問弁護士から使用停止メールが来ましたから(サイト公開前でしたけど)、ドメイン取得代金丸々損をするので注意が必要です。

  また、ブランディング目的または商標登録の予定がある人は最初からブランド名をドメインにするというのも有りです。あくまでもドメインを数字にすることは固定概念をなくしたい人向けのブロガーさんに対するアドバイスなので、他の目的がある人はあまり参考にしない方が良いでしょう。

 ドメインはSEOに大きく影響する話なので、慎重に決めましょう。