お客さんを増やしたい、利益を上げたい、収入を上げたい人、スポーツの資金作りをしたい人のために超初心者でも簡単にホームペ...

WordPressでFacebookページにアイキャッチ画像が表示されない場合の対処法(外部URL・Nelio External Featured Images編)

photo credit: acidpix Facebook Logo at Macbook via photopin (license)

ワードプレスを使用し、Facebookページにアイキャッチ画像が表示されない場合の対処法はいっぱいありますが、ここでは外部のURLから画像を使用して表示されない方、Nelio External Featured Imagesプラグインを使用して駄目な方を対象として解説します。なお、結論から言うと

「直接表示は無理」

なので、関節技で強引に表示する方法のみ書いておきます。応急処置というやつですね。(この記事を書いている時点ではこの方法で何とか凌いでいます。)

スポンサーリンク

Nelio External Featured Imagesはテーマによって表示できる場合とできない場合があることを知っておく。

私がこの記事を書いている時点で使用しているのは「[Emanon Pro]Web集客に強いSEO内部施策済み WordPresテーマ」なのですが、やり方を変更しないとアイキャッチ画像が表示されませんでした。(同じデータベース内に画像とテキストがあれば問題ないです。)

一方、無料SEOテンプレートで有名なstingerとsimplicityは問題なくアイキャッチ画像をフェイスブックに反映させることができました。構造上の問題なのでしょうが、この2つのテンプレは有料テンプレよりしっかり作られているので、デザインさえ気にならないのであれば有料より無料を使った方が良いでしょう。また、カスタマイズすることを前提に作られているので、phpやhtmlがわかる人はこちらでオリジナルデザインにするのも有りかと思います。

ただ、私のようにプログラミングができない、かといってstingerやsimplicityのような個性のない誰もが使っているデザインが嫌だという人はEmanon購入後ダウンロードし、実用的かつオシャレでクールなワードプレスが完成するのでこちらもおすすめです。

外部URLから、またはNelio External Featured Imagesでフェイスブックにアイキャッチ画像を表示させる方法

さて、本題になりますが冒頭でもお伝えした通り結論から言うと直接は表示できません。そこで、間接的というか裏技を使って応急処置をします。方法は至ってアナログ発想です。

Facebookは鮮度が命。なので、アイキャッチを設定しつつ、直接アップロードで写真を掲載する。

Facebook上はタイムラインでそのうち読まれなくなるので、記事写真と同じ画像をそのままFacebookページ投稿画面でアップロードしています。そして記事をクリックしてブログに移動すると同じ写真が存在するというちょっとした裏技です。

フェイスブックにどうやってもアイキャッチが表示されない場合は最悪この方法に頼るしかないように思います。Nelio External Featured Imagesを使えばとりあえずブログ記事上部にはアイキャッチ画像が表示されますから、検索経由のアクセスには問題なく表現が可能です。Facebookはそのうち読まれなくなるので、直接同じ画像をアップする方法で何とかなっています。

Emanonを使った場合の裏技もある。

Emanonは記事下にフォローボタンを設置できます。(下記にあるやつです)記事別にアイキャッチを反映させることができませんが、とりあえず「いいね」ボタンの背景にある写真をアイキャッチ画像として掲載することが可能です。

プロスペリティはスキー読者が多いので、雪とアルプス、旅をイメージした飛行機からの写真に設定しているので、この記事を書いている現在は上空から見た雪景色のアルプスにしています。最悪、これがアイキャッチとして表示される仕組みなので、こういったテンプレを使用するのも1つの方法でしょう。

アイキャッチ画像はサーバー容量を圧迫します。記事を書きまくる人は外部URLで掲載しよう。

最後にまとめとなりますが、以前書いた記事でもお伝えしたように、1000記事を超えてくるとアイキャッチ画像がサーバーの負担になってきます。普通のレンタルサーバーは1データベース500メガバイトですから、できればここにテキストだけにしたいもの。画像を入れると1万記事以上ストックできないので、ブログ開始時から画像とテキストを別々のデータベースにしておきたいものです。

そうすると無料ブログ並みに記事がワードプレスで書けるので、画像と記事を別々のデータベースに入れて運営しましょう。そのほうが容量問題に悩むこともなくなります。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

ブログ書き続けて500メガバイトのディスク容量だと足りないと悩む人のレンタルサーバー解決方法。
ブログを作成・公開する方法から集客、マネタイズするノウハウまで全部1ページにまとめてます。
「いいね」するとブログノウハウ、スキーなどの情報を受け取れます。特定の情報だけ見たい人は「いいね」しないでください。

プロフィール:

一般の方からトップアスリートまでのブログを活用したブランディング・集客法・資金調達(マネタイズ)に関する話とアルペンスキーの最新情報を中心に書いています。気になる人はブックマークしておいてください。

趣味:筋トレ、読書、ブログを書くこと、ビジネスモデルの開発&テスト

SNS/RSSで購読する

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.