データベース500メガじゃ足りないと思うブロガーおすすめのレンタルサーバー

SHARE

データベース500メガじゃ足りないと思うブロガーおすすめのレンタルサーバー

photo credit: magnus.johansson10 stockholm-2 via photopin (license)

アイキャッチ画像使いまくってる人、ブログ記事数書きまくっている人、SEOにおける高速表示を安い価格で実現したい人などいるかと思います。個人的にもこの3つに該当し、お名前ドットコムの共用サーバーSDー11のデータベースが400メガを超えてきそうで、まもなく限界値の500メガに到達しそうな感じです。原因はアイキャッチ画像を使い過ぎなのですが、かといって専用サーバーだと月額1万以上するので費用対効果が悪くなる。そこで見つけたのがMixHostでした。

現在、移転準備中。MixHostはどんなブロガーに向いているか?

今まではエックスサーバーが代表格でしたが、どこのレンタルサーバーもデータベースが500メガまでで、アイキャッチ画像を貯めるには別のデータベースから画像をURLで引っ張るなどの必要がありましたが、昨日MixHostのお問い合わせにメールしたら、

「SSDの範囲内ならデータベース無制限」

とのこと・・・。「マジかよ」と思ってしまいました^^;

 また、プロブロガーによくあるのがテレビによる検索キーワード急上昇問題。これによりサーバーダウンしてしまうブロガーも多いはず。だいたい瞬間アクセスは1500くらいで共用サーバーは限界値となり、レンタルサーバー会社から警告が来たり、追い出されます。結果、ライブドアやはてなブログに移行する元ワードプレスブロガーが出るわけです。(イケダハヤト氏は確かワードプレスに月2、3万払っていたはず。専用サーバーで運営していた可能性があると思われる。)

 ですが、Host Mixは月額480円でこの問題はクリアし、80ギガのビジネスプラスでも月々5980円で済むので、サーバーダウンを気にせず、数十万記事くらいは1つのドメインで運用できるので、問題なく大規模運営も可能かと思います。ただ、スピード重視のサーバーなのでその分容量は少ないです。これがデメリットかと思いますが、アイキャッチ画像をURLで引っ張れば問題なく運営できるので、80ギガもあれば十分です。しかもこの容量に到達しそうな状況になると交渉もできるようなので、サーバー側がさらに提案してくれる可能性があるとのこと。ブログで飯を食っていきたい、ワードプレスをとことん使いたいという方には最高の環境でしょう。

レンタルサーバーもSEOに関係する時代へ

また、Googleのアルゴリズムがモバイルファーストになったことで、httpsの標準装備はもちろん、高速表示が求められることになってきました。この2つも標準装備しているのがMixHostの特徴で、とにかくワードプレスを立ち上げたら速かったです。

*テストサイトはこちら

これは通常のPCからAppleに切り替えたときと同じくらい感動したのですが、要はAppleのノートパソコンのようにレンタルサーバーの処理速度もメチャクチャ速くしたのがMixHostです。トップページにはこう書かれています。

ホームページの表示速度は非常に重要です。例えば、ホームページの表示時間が2秒増加するだけで、直帰率が50%増加するという調査結果もあります。
そこで、一般的なWebサーバーとして使用されるApacheよりも数十倍〜数千倍高速で完全な互換性を持ち、HTTP/2に完全対応した「LiteSpeed Enterprise」を日本で初めて採用し、ピュアSSD構成の最新ハイスペックサーバーと国内最大級732Gbpsのバックボーンを組み合わせて運用する事により、圧倒的な高性能をご提供します。

ということです。試しに30日間無料で試せるので、ワードプレスを立ち上げてみてはいかがでしょうか?作成時間1分でできたので、業界で最も1番早く設置できるシステムではないかと思います。

ワードプレス引っ越しも4980円で可能

面倒なワードプレス移転作業もこの破格の値段です。現在、手続きを進めているので追ってレビューしたいと思います。はてなブログやレンタルサーバー会社から追い出された方、無料ブログのサーバーレベルとワードプレスを実現したMixHostはかなりブロガーにとって最強ではないかと思っています。

詳しい設置方法などの解説もやっていく予定なのでお楽しみに。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.