集客できるカッコいいデザインの弁護士事務所ホームページ(ワードプレス)作成方法

SHARE

集客できるカッコいいデザインの弁護士事務所ホームページ(ワードプレス)作成方法

photo credit: Visual Content Legal Gavel & Open Law Book via photopin (license)

このページでは法律関係の仕事に携わる方、特に弁護士事務所に特化してインターネットを使い、ホームページ(ワードプレスブログ)を使って集客する方法を解説します。具体的にどのように記事を書けば良いのか、新規クライアントはインターネットでどのように弁護士を捜し、契約まで結ぶのかといった流れを解説します。

売れる弁護士事務所にするためにインターネットでやるべきこと。

まず最初にやる作業はインターネット上にウェブサイトを持つことです。ホームページやブログの作り方がわからない!という初心者の方は製作委託という選択肢もありますが、最近はお金をかけず集客することもできるので、下記のリンク先を参考にしてみてください。ウェブサイト公開までの手順を紹介しています。

[blogcard url=”https://15243252.com/howtomake-wordpress/”] 

そして公開までできたなら、次は弁護士事務所らしい信頼性のあるウェブサイトデザインが必要になってきます。もちろん、上記のワードプレスをインストールすれば数千種類の中から法律事務所っぽいデザインを無料で選ぶことができますが、日本語対応でおすすめなのはこちらがおすすめです。デザインは下記の画像のようになっており、このデザインからいきなりスタートできるのでwebデザイナーに委託する必要は一切ありません。このデザインは有料ですが支払いは1回切り。残りは月々のレンタルサーバー代金(月額1000円程度と年間のドメイン費用1000円前後)で済みますので、事務所の経費削減にもつながると思います。

*完成するとこんな感じです。

さて、ウェブサイトが公開できたらいよいよ集客のための準備、クライアントの申し込みを増やすように戦略的に運営していきましょう。

弁護士事務所のお客さんを増やす・利益を上げるためのホームページ運営方法

インターネット集客は大きく分けて2つの方法で集客します。

SEO対策:検索結果からの集客
SNS対策:Twitter、Facebook、インスタグラム、Google+などのソーシャルメディアからの集客

です。

 SEOは新規顧客を獲得するときに使い、SNSは見込み客やリピーターを増やすときに使います。ではどのようにインターネット上でお客さんを増やすのか。弁護士事務所を探すときはこんな感じで皆さん探すようです。

弁護士事務所を探すときの検索キーワード一覧:
自己破産 弁護士 依頼
事故 弁護士 依頼
弁護士 依頼 英語
などなど

となっており、弁護士+依頼+オリジナルの言葉を付けたブログ記事タイトル、文章内容をできるだけ沢山書くことが依頼を増やすコツとなってきます。他にもねずみ講、悪質商法、借金問題、相続などのメジャーキーワードで書くのはもちろん、「信頼できるところ」、「実績のあるところ」などのキーワードもあるので、過去の経験、判例を元に依頼者がどのような流れで事務所まで来たのかを想像しながら、ブログ記事を投稿し続けることが売り上げを上げる秘訣かと思います。

 さて、なぜ「ブログ」という言葉を出したか?すでにSEOという検索結果からの集客方法を学んだことのある方はご存知かと思いますが、最近ホームページよりもブログが増えているのは

「検索エンジンに強い設計に最初からできているから」

です。

 また、HTMLなどのプログラミング言語を知らなくても簡単にウェブサイトを設置でき、更新も簡単なので弁護士事務所の年末年始、GW、お盆休み。営業時間などを数秒で訂正できるのも魅力です。いちいち製作会社に依頼すれば数千円の支出になりますが、自分で簡単に手直しできますし、上記で紹介したワードプレスでブログを運営すれば本格的なデザインでなおかつ簡単にリニューアルなどもできます。

 また、お問い合わせ、メールマガジン、Facebookなどを取り入れると信頼性も出てくるので、これらもワードプレスを使えば簡単に連携もできます。

集客する弁護士事務所は役立つコンテンツをとにかく沢山用意すること。

インターネット上で集客するにはどうすれば良いか?それは役立つコンテンツを沢山用意することです。特に法律関係は一般の人はほとんど知らないので、不安でいっぱいになります。その不安を1つ1つブログ記事にしていき、不安キーワードで検索する人の悩みを解決してあげるような設計がポイントとなってきます。

 お手本はヤフー知恵袋ですが、このような誰もが回答できるサービスは怪しいものも含まれます。そうではなく、弁護士という専門家の立場で、現場のことを正確に伝えることが今後さらに重要性が増すでしょう。

 また、以下のようなキーワードを上手に盛り込むと事務所の近くからお客さんを集めることができるので、必ず文章やタイトルに盛り込んでみてください。

弁護士事務所に必ず入れたい集客キーワード

ざっと思い浮かぶのは以下のようなキーワードです。

・街の名前

・トップページは必ず弁護事務所と入れること

・「申し込みはこちら」または「依頼はこちら」というページ(ブログ記事の下にこのようなリンクを添えると、見込み客が問い合わせしやすくなります。あとは個別に応じるようにし、親身になって相談に応じて信頼を獲得してください。)

・申し込む際に不安になる全ての検索キーワード

・都道府県、都市の名前をブログ記事タイトルにうまく入れる

・裁判関係の時事ネタも弁護士の視点で書いてみる。これは被リンク獲得のためです。被リンクとは検索結果で上位にランクインするために必須のもので、Googleが「リンクされているサイトは良いサイト」という評価があるため、このような戦略的コンテンツも盛り込むことが重要です。ただし、闇雲にリンクを張るだけではペナルティをもらって検索結果から削除され、売り上げゼロになるところもあるので、コンテンツ作成に集中すべきでしょう。(リンク販売などは全てブラックリスト化されているので止めた方が良いです)

これらは必ず意識して取り入れたいところです。

また、「弁護士」または「弁護士事務所」と検索し、上位に表示されている事務所はどんなコンテンツを用意しているのかを勉強してみましょう。人は検索結果の上からクリックしていきますから、SEO対策を学ぶことは必須と言えます。詳しい書籍はこちらに沢山売っているので、1冊は持っておき、空き時間に勉強してみることをおすすめします。

駆け足で説明してきましたが、クライアントを増やす方法は考えれば考えるほどいろいろ出てくると思います。インターネットビジネスの基礎知識を学んでみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.