Simplicityテンプレをサーバーにアップロード後、親テーマがないと表示された場合の解決方法

SHARE

Simplicityテンプレをサーバーにアップロード後、親テーマがないと表示された場合の解決方法

photo credit: Phil Oakley WordPress Logo via photopin (license)

無料の内部SEO対策済みテンプレートSimplicityをダウンロードし、サーバーにアップロードする際こんな経験をされている方いませんか?

親テーマが見つかりません。”Simplicity” の親テーマをインストールしてください。

私も経験しましたが、解決方法は至って簡単なので私が実際に行なったやり方を書いておきます。

原因はファイル名だった。

Simplicity2を親テーマだとすると、子テーマもSimplicityの子テーマにしないといけません。そしてファイル名はSimplicity2にしないと認識されませんでした。Simplicity2.4などどんどんアップグレードするので、いくつかファイルをコンピュータに保存している人は親テーマのSimplicityが2−1とかファイル名が変わってダウンロードする場合があるので、必ず最新版のSimplicityをダウンロードしてFTP経由でアップロードする際は「Simplicity2」にしておきましょう。

そうでないと子テーマが親テーマと紐付けすることができないというトラブルが生じます。おそらくこれはSimplicity2.4、2.5に限った話ではなく、stinger7.8.9でも起こりうる話ではないかと思います。

すでにサーバーに子テーマがインストールされている場合

最後におまけですが、すでにサーバーにSimplicityの子テーマがインストールされている場合は、FTPでファイル名を変更するという方法もあります。Simplicityは頻繁にアップデートされるので、常時ファイル名を統一しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.