photo credit: acidpix Facebook Logo at Macbook via photopin (license)

このプロスペリティもそうなのですが、今複数のフェイスブックページを運用しています。ブログを運営するという形も良いのですが、Facebookはリピーターを生みやすい性質も兼ね備えているのでメリットをフル活用し、サテライトサイトとして運用するには最高のツールです。

Facebookを運用するメリット

巷ではブログならブログ、SNSならSNSという本しか販売されていないのですが、Facebookをブログとして利用するという方法はまず書かれていません。個人的な日記として身内だけで公表するという手段は皆さんやっているのですが、これをFacebookページでやるという方法を思いつかない人はかなり多いです。

 そこでフェイスブックページをブログとして運用するメリットをいくつか紹介しておきたいと思います。

どんな効果があるのか?

1.Facebookページはブログとの相性が良いので、ブログにもアクセスを集められる。
2.場合によってはフェイスブックページのトップ、個別記事で上位表示でき、そこから読者獲得が可能なので見込み客を集めやすい。
3.ターゲットにあった広告をタイムラインで流せるので、アフィリエイト収入も増やしやすい。
4.いいね、フォロー機能があるので、メールマガジンのように常にリピートアクセスを生むことができる。
5.Facebookページにはリーチ機能があるので、読者以外の人にも宣伝効果がある。

このようなメリットがあるので、今複数のフェイスブックページを製作し、同時並行で成長させています。

Facebookページをブログとして活用する人が増えれば、さらにFacebookの株価は上がるはず。SEOスパムも消える。

Googleのときもそうですが、利用者が増えればそれだけFacebookは広告収入を上げることができるので企業価値も増していくでしょう。また、現在もそうですが、Googleがアルゴリズムで重要視している被リンクによるサイト評価システムもすでに限界に達してwelq問題も起きてるので、今後は人工知能による判断よりも、人類の目視によるサイト評価システムを作り出したFacebookの方に価値が移行すると見ています。

 「いいね」はまさにサイト評価システムであり、コンテンツの評価でもありますから、今後はFacebookで認められたサイトがどんどん成長していくことはほぼ間違いないかと思います。このような流れの傾向も有り、ブランディングも簡単なのでしばらくはFacebookページを利用して、良質なコンテンツをどんどん各ページで流していこうと思っています。