食えない人はどうすれば稼げるのか。アマチュアレベルで稼いでいる私が書いてみた。

SHARE

食えない人はどうすれば稼げるのか。アマチュアレベルで稼いでいる私が書いてみた。

単純に特定の分野で食えない人は

「うまくなる、レベルを上げれば食える」

と勘違いしている人が非常に多いからです。もちろん、レベルを上げることで飯を食うことは可能ですが、それはお金を払ってくれる所属先やスポンサーがいればの話です。契約が切れればどんなトッププロでも収入はゼロになります。

 むしろ、スペシャリストを目指すのではなく、企業や個人が勝手にお金を落としてくれる仕組みを作った方が、スポーツにしろ芸術にしろ楽しく毎日を過ごせるのではないかと考えています。年を取れば努力するのが辛いですし、いずれは働けない体になり、40を過ぎてくれば若い人に必ず負けるのです。また、年を取ったときのことを考えて、年金のような勝手に振り込まれる仕組みも作る必要があります。スポーツ選手であれば怪我をしたときの収入源の確保も必要でしょう。
 
 では、好きなことで食う、半永久的に振り込まれる仕組みを作るにはどうすれば良いか?探せば方法はいっぱいあるとは思いますが、ここでは私が実践している方法を掲載しておきます。

一生努力続けられますか?仕組みを作れば、好きなときにマイペースで努力ができ、生活が自由になる「仕組み」を作る。

人生で重要なのは

「仕組み」

です。これがあるかないかで人生における自由度が大きく変わります。

 難しく聞こえるかもしれませんが、あなたが見ているこの「ブログ」も「仕組み」になっています。

芸能人のブログなど見ればわかりますが、今の時代「経験」や「情報」が価値となっており、あなたが持っている情報をどうお金に換えるかという発想が重要です。

「私の情報なんて価値がない」

と思って何もしない人が大勢いますが、あなたが辿ってきた経験がこれから誰かが辿る道の可能性もあります。例えば受験勉強1つにしてもやり方はいろいろありますし、名門校に行っても上手くいかない人もいれば、レベルの低い学校からでも有名大学に進学する人もいます。環境は人それぞれであり、文武両道で成功する人もいれば、アンダーグラウンドな世界から東京6大学に行く人もいるので、どちらも価値ある経験(情報)なのです。

 「私の情報なんて価値がない」

と言ってすぐ辞める人は

・まだまだ新しいことをする必要はない、恵まれている環境か、
・単にやる気のない人

のどちらかです。つまり、やる動機がないのですぐに辞めるのです。

あなたは人生を変えたいですか?

変えたいと思う人だけ続きをご覧下さい。

たぶん1番簡単な仕組みは「ブログ」。その理由を書いてみる。

食えない人が食えるようになるにはどうすれば良いか?その1つの答えが「ブログ」を運営するということも選択肢の1つに入ってくるかと思います。

お笑いや俳優、女優、音楽などの芸能関係なら動画も掲載できますし、スポーツ選手なら技術的な話や、自分が地方大会で結果を出すまでの経験を書くわけです。脚本家や漫画家ならブログや有料コンテンツ配信できます。資格取得に向けて勉強している人はその過程を日記形式で書き、合格までのプロセスを記録することでこれから受験する人の価値になります。

 要は

あなたが経験したことをいかにアレンジして、読まれるブログにするかということを「考えられるか」?

ということになってくるわけです。

考えることは最も過酷な仕事だ。 だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。

この言葉はフォード自動車の創業者、ヘンリーフォードの有名な言葉です。

 成功する人と成功しない人の最も大きな点は「考える」ことができるかどうかです。

 多くの人は考えるよりも酒を飲んで友達と喋ったりする方を好みます。ここから脱却できるかどうか。そしてあなたの中に眠っている習慣や考え方を変えれるかどうかで人生が決まってきます。

 人間、毎日の習慣で未来が決定しますから、今何をしているのか、今の行動がどんな未来を作るのかを常に自分自身で監視していないと、望まない未来が待っています。

ブログを見よう見まねでやってもうまくいかないはずです。特に芸能人ブログは1行程度の文章でもアクセス数を沢山集められますが、それは芸能人の日常に興味があるから成り立つわけで、誰も知らないあなたが毎日一言「眠い」「おやすみ」と書いても、誰もあなたのブログは見ないです。

いかに見られるブログを作るか?これがブログ運営の第1歩になります。

「あーなんだかブログってめんどくせー」

と思ったという方はサッサと諦めましょう。

集客をし、お金を生むブログを作るまでのプロセスはまずブログ運営の本を買って読むこと。

最近、書店でも沢山売られているブログ運営のコツ。ブログ運営の教科書とかもAmazonなんかで販売されていますが、まずまったくブログというものを知らない、インターネットにおける集客方法やお金を稼ぐ方法を知らないという人はこういった基本的なことから学びましょう。

 そしてこういった本の中には必ず

・検索結果からの集客方法(SEO対策)
・ソーシャルネットワークからの集客方法(Twitter、Facebook集客術)

が書かれています。

 こういった集客方法やお金につなげる行動をマーケティングと言いますが、食えない人というのはこの

「マーケティングができない」

人のことを指します。

 歌手にしろ、お笑い芸人にしろ、プロとして稼ぐ人は必ずマーケティングを勉強します。かといって業界によっていろいろマーケティングの中身が違うので、インターネットに関しては検索結果とソーシャルネットワークからの集客がキモになってくるので、この2つの分野を勉強していく必要があります。

 こうすることであなたのブログが勝手にネット上で24時間365日働き、お客さんが徐々に増えていくというのがブログの醍醐味なのです。

私がスキーやITで稼げている理由

最後に私がなぜスキーやITがアマチュアレベルなのに稼いでいるのか?ということについて簡単に書きたいと思います。答えは単純で上記でも書いたように

「マーケティングができるから」

です。

 わかりやすい例として「歌手」が挙げられます。

 歌が上手い人は世の中に大勢いますが、下手でもランキング上位に来る人がいます。この差のほとんどがマーケティングなわけです。技術はあるに超したことないですが、

上手いこと=稼げると勘違いしてはいけない。

ということです。

 スキーというスポーツは日本ではマイナーで、まだまだアマチュアの世界です。おそらくテニス、サッカー、野球以外はほとんどがアマチュアスポーツでしょう。なので上手くなっても食えないスポーツ選手が多いのは稼ぐことと技術をイコールで結びつけてしまっているというのが日本のスポーツ界の現状なのです。(スポーツで生計が立つ人はほんのごくわずかです。)

 スポーツに限らず、このような間違った考え方がある意味で常識として一人歩きしてしまっているんので、その道のプロとして飯を食っていきたいのであれば、考え方を見直す必要があるのです。

 具体的なノウハウなどはこちらに書いてあるので、もっと知りたい人は読んでみてください。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.