アフィリエイトノウハウ・wordpressのブログアクセスアップ方法まとめ

SHARE

アフィリエイトノウハウ・wordpressのブログアクセスアップ方法まとめ

このページはアフィリエイトにおける収益アップの方法とブログアクセスアップの基本テクニックからプロレベルのノウハウをまとめています。初心者には難しいかと思いますが、参考になる部分があればプロスペリティの最新技術をどんどん取り入れていきましょう。定期的にアップデートしているので、気になる人はブックマークしておくか、RSSまたはSNSで購読してください。アップデートしたらお知らせします。

Ver.1.04

アフィリエイトノウハウ編

こちらはアフィリエイト収入アップ編になります。ブログからお金を発生するにはSEOよりも

・プログラムの承認期間
・客層

の方が重要です。買いそうなお客さんを集めればSEOはあまりしなくても良くなります。詳しいテクニックや考え方は上記の目次からご覧下さい。

ブログは過去記事から収益を上げる仕組みを最初から作り上げることが重要。記事を書き足すことが前提となるタイトルタグを付けること。

ワードプレスを使うとall in one seoというプラグインがあります。はてなブログにも高度な設定のところに確かあったはずですが、ワードプレスは以下のようにプラグインをインストールすると表向きのタイトルと実際の検索結果を換えることができます。

SEOタイトルというところに上位表示したいキーワードを入れる、または売れるキーワードを設定するということができます。例えばこんな感じです。

読者の視点で見えるタイトル:2020年東京五輪男子マラソン○○選手優勝!(通常の記事タイトル記述部分。文章を書く部分の上)

検索結果のタイトル:東京五輪で使用されたマラソンシューズ一覧と取扱う販売店を紹介してみる。(上記画像のSEOタイトルというところに記述する)

こうすることで、第一報はマラソン選手の優勝に関する記事でTwitterやFacebookでシェアすることができ、ブログの知名度を上げることができます。これが第1段階です。

そしてニュースなどの時事ネタは1度見たら二度と見られないコンテンツなので、読まれなくなったなーという段階(投稿後1週間後くらい)に入ったら、SEOタイトルに関する記事を書き足していきます。ちなみにこの時点で1つ注意したいのは「2020年東京五輪男子マラソン○○選手優勝!」というタイトルはH2タグまたはH3にして記事の後半に移動させることです。

検索結果に表示されるのは「東京五輪で使用されたマラソンシューズ一覧と販売店を紹介してみる。」ですから、東京五輪で使用されたシューズを探すランナーが見に来るカラクリになるので、記事投稿後1週間くらいしたら記事の前半からこの内容で書いていく必要があります。そしてアフィリエイトリンク先に引っ張ると報酬が発生する可能性が一気に高まる資産コンテンツになるというわけです。

ただし、この戦略の注意点は必ずSEOタイトルと読者から見えるタイトルに関連性を持たせることが重要です。検索エンジンは賢いですから、あくまでも自然になるようSEO全体を考えないといけません。この事例の場合、どちらも「東京五輪の男子マラソン」に特化しているので、後から記事を足しても関連性があるので、この戦略は2017現在問題なく上位表示しています。

SNSが台頭して以来、人間に見せるタイトルとロボットに見せるタイトルを使い分けることができるようになったので、タイトルタグを2つ使うことで集客とお金の両方を獲得できる時代になったので、興味のある人はこのようなSEOテクニックを使ってみてはいかがでしょうか?もしGoogleペナルティを恐れているのであれば、このプラグインには検索結果とSNSで見せるタイトルタグを変更させる部分があるので、こちらで使い分けるのもありでしょう。

上記の画像を参考にして欲しいのですが、メイン設定は検索エンジン、ソーシャル設定にSNSで見せるタイトルタグを設定することができます。こうすることで、人間から見える部分と検索結果から来るお客さんを振り分けてブログ記事を展開させることができます。

*ポイント:ブログ記事が2段階で記事をアップデートすると、過去記事からお金を発生させるというレバレッジを効かせることができる。

記事を書き続けるだけで売れ続ける構成と、更新しなくとも良いネタを選定すること。

個人的にいつも意識しているのは

・J−POPではなくビートルズとクラシック音楽のようなモノを作り上げること。
・ビートルズやYMOなど解散しても永遠に流れる楽曲を参考にすること。

この2つがブログ技術に応用されています。どちらもビートルズが入っていますが、クラシックにしても同じでこれらに共通しているのは

今でもいろんなところで音楽が流れている

という点です。

一方、J-POPとかは10年前の曲を聞くと「古い」と思うことがないでしょうか?当時は最先端の機材などを使って、ある意味で最先端なのですが、洋楽の方が楽器は古いのに「音」が永遠と最先端だったりするのでスティービーワンダーなどを聞いても未だにカッコいいわけです。洋楽には昔の曲でもカッコいい曲はありますが、J-POPにはほとんどありません。

 この背景には音楽事務所事情、つまりビジネスモデルが大きく影響していると私は思っているのですが、これはブログやコンテンツ作りに関わる全ての人に言える話ですが、

目先の利益を求めては、コンテンツ寿命が短くなる。=利益を生み続ける期間も短命になる。

のではないかと思うのです。

http://amzn.to/2wO3CL2

 では話をブログに戻します。

 ずっと読まれる、利益を生み続けてくれるコンテンツとは何なのか?

これがわかった人からブログの収益化が始まります。

 つまり、アフィリエイトやブログ初心者にありがちなのは「プラン(戦略)がまったくない」という共通点が必ずあります。これはブログビジネスに限らず、現実社会の独立に関しても言える話ですが、

・おれのラーメンは絶対うまいから成功する。
・フランチャイズに入れば成功する。

という科学的根拠がないまま独立するのは非常に危険なことです。仮にフランチャイズに入ってシステム化されたビジネスモデルでも、置いてる商品に魅力がなければ潰れるのは目に見えています。資料などは加盟者を増やすために魅力的に作られていますから、経営者の能力がなければ結局は淘汰されるのです。

  では淘汰されない戦略とは何か?それは

・ずっと読まれるコンテンツに仕上げること
・ずっと売れる構成とコンテンツに仕上げること

となります。

 例えばこのプロスペリティはブログノウハウのことをずっと書き続けています。こういった人達は

・サーバー
・ドメイン
・ノウハウ

などが売れるのです。

 なので、目立つ部分には収益性の高いコンテンツを前面に出し、日々更新しつづける記事内容はノウハウというわけです。しかも、毎日更新しなくとも勝手に売れていくので、ブログが自動的にお金を生み出していると言えます。

 レンタルサーバーは利益率が非常に高く、これがないとネット内でビジネスを行なえないので、個人から法人まで季節を問わず幅広く売ることができる商品なのです。私はこの商品を売るためにどんな記事を日々書けば良いのかを知っています。

 そして過去に書いた記事が働くので、私は自由に別のことができるのです。

  あなたにはプランがありますか?

SEOはあまりせず、客層で集めるという発想が大事。

上記で

・ずっと読まれるコンテンツに仕上げること
・ずっと売れる構成とコンテンツに仕上げること

と書きました。今回の話は続編となります。

 よくSEO書籍では「タイトルタグに検索キーワードを必ず入れてSEO対策をしよう」と書かれています。もちろん、これも大切な作業ですが正直AI化が進むとロボットは文章を理解できるので、SEO対策は最小限で良いと思っています。

 むしろそれより大事になってくるのは「客層」を集めることです。例えば、このブログはアフィリエイトやブログアクセスアップのノウハウを書き続けていますが、こういった内容を好んで読む人はサーバー代やドメインなどにお金を払うのは上記でも説明しました。また、初心者の人は「売り上げアップしたい」、「収入を増やしたい」という欲求があるので、ノウハウ自体が売れるのです。

 別のコーナーではスキーに関する情報も提供していますが、毎年スキー用品を買い替える、または頻繁に買い替える客層は上達を目指している人です。こういった人を集めるとスキー用品店へのアフィリエイトリンクを張るだけで収入が発生します。特にニューモデルが販売される時期は1ヶ月以内に購入まで決断する人は多いので、夏以降が書き入れ時なのです。

 こういった人達が好むコンテンツを沢山用意すればするほど、関連記事でもクリックされ滞在時間も長くなるので情報量が多ければブックマークされる確率も高くなります。

 要はSEOとかコツとかよりも

どんなコンテンツを日々書き続けるか?

これでブログが資産化するかどうかが決まってしまうということになります。
 
 

ワードプレスを使ったアクセスアップ編

こちらはアクセスアップ編です。SEOやSNSの使い方などが中心です。

ブログをSEOで上位表示させたいならむやみに記事数を増やしてはいけない。

上位表示したいキーワードがあるならば、記事数を稼ぐという常識を捨てましょう。単純に考えてみてください。

1.読者が読むところに書けばそのページがリンクされるはず。ならば最初から1ページにまとめたほうが良いのでは?

2.文字数が多ければ多いほど1回では読めないのでブックマークされる確率も高いはず。はてなからもらえれば読者数が一気に増加する可能性も高まる。

といったことも可能です。

 もちろん、文字数が多いと読むのも大変になりますが、ワードプレスにはTable of Contents Plusというプラグインがあるので、この記事のようにインストールするだけで、記事の好きなところに目次を生成することが可能です。こうすることで読者は見たいところだけ好きな時間に見れるというわけです。

 ただ、読者数が多ければ1記事1テーマで運営した方がいろんなページにリンクをもらえるので、あなたがどのようにサイト全体にSEOをかけたいのか次第でやり方が変わりますから、初期段階は1ページに情報をまとめたほうが読者にとってもどこに情報があるのかわかりやすいというメリットがあるので、1ページに全部まとめてしまうという戦略もありでしょう。

 検索エンジンもそのページにしか情報がなければ、嫌でも検索結果の上の方に掲載するはずです。

けど、結局アクセス数を増やすには記事数になる。

上記では「むやみに記事数を増やしてはいけない」と書きました。ですが、結局最後は記事数になっていきます。つまり、何が言いたいかと言うと

「ペラペラのコンテンツはサイトの評価が下がるだけ」

ということになり、これがサイトの質を下げてしまい、結果としてSEOにも影響してきます。なので個人的には1000文字以下のコンテンツはよほどのことがない限りnoindex処理をしています。

 よく、「ブログ始めたけどアクセス全然集まらないです」という悩みを聞くのですが、実際にブログを拝見してみると5行以下の日記が非常に多く、「今日はクリスマスです!皆さんの起こしをお待ちしております!」くらいしかブログ記事に書かれていなかったりします。SNSでお店のファンにこういった情報を提供するのは全然OKなのですが、ブログはNGになります。

  なぜならブログはSNSだけでなく、検索エンジン経由からのアクセス集めるためのマーケティングツールだからです。ですので、検索窓に打ち込まれたキーワードに対する答えを提示していく必要があります。

*検索キーワードを知る方法はこちら

人は様々な悩みを検索窓に入力して調べるので、ブログ記事1つ1つに回答をしてあげるのです。

 ブログをSNSのような使い方をするのもできますが、中身が濃くない文章の短いコンテンツはnoindexにし、Googleからの評価が高まるよう品質を重視したコンテンツはどんどん出していくとアクセスアップにつながります。

 最初の半年間はアクセスが集まらず辛いかもしれませんが、1冊の本を執筆しているという意識で、読者が喜ぶコンテンツを沢山用意しておき、リンクを獲得していくことが最もアクセスアップの近道となります。

 SNSもアクセスアップしますが、一時的な効果しか得られないので、副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイトに書かれてある通り、いかに検索され続けるコンテンツを作っていくかがとても重要なのです。

 検索され続ければ勝手にアクセスが集まるので、毎日更新せずともお金と人が集まるので運営がどんどんラクになっていきますし、運営そのものが楽しくなっていくはずです。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.