はてなブログProとワードプレス。アフィリエイトするならどっちがいい?

SHARE

はてなブログProとワードプレス。アフィリエイトするならどっちがいい?

はてなブログも立ち上げ運営しているのですが、アフィリエイトに関する情報をいろいろ検索して探すと

・アフィリエイトには厳しい
・公開停止になった

などの記事が上位表示されていました。また、一方でワードプレスの立ち上げは非常にラクになり、こちらでも解説していますが、プログラミング知識不要の時代です。そして、ブログ初期段階におけるアクセスアップは下記でも解説しているFacebookとTwitterの活用が有効なので、今はこちらのワードプレスにて運用しています。(はてなも一応ありますが、数記事しかアップしていません)

 インデックススピードやソーシャルネットワークのような機能も兼ね備えているはてなはブロガーにとっては魅力的であり、上位表示もしやすいでしょう。ただ、アフィリで稼ぐということに特化して言えばやはりワードプレスのほうが確実に自由度が高いと言えます。

ワードプレスはアフィリエイトサイト部分をnoindexにできるのがメリット

hatenaも1ページ単位でnoindexタグをHTMLで書き込めば回避できますが、はてなは常に目視でブログを確認しているので、社員に不適切と思われたら公開停止も有り得ます。なので、多くのブログ初心者から上級者は

はてなとワードプレスどっちがいい?

と悩むのでしょう。

個人的に両方を同じ名前で運用している身なので、どちらもメリットもデメリットも知っているので下記にまとめますが、長い目で見ればwordpressかなと思います。料金も同じくらいか、安くて高速表示のMixHostだと月額480円からなので、1番安いプランで徐々にアップグレードしていく戦略を取れば、はてなブログProの半額で1年間ワードプレスブログ運用できます。

はてなブログProのメリット・デメリット

以下はアフィリエイトビジネスという観点からの長所と短所を書いてきます。

長所

・インデックススピードがやたら速い。なのでニュースなどの時事問題、スポーツなど速報性に価値あるコンテンツ配信を展開するならhatenaは有利。

・Twitter、フェイスブックページなどに読者を短期間で集め、それからワードプレスに展開するのも良し。

・ワードプレスへ将来的に移行するなら、時系列の個別記事URLにしておくこと。レンタルサーバーにデータを移行したら、日付の部分を修正し、URLカスタマイズでそのまま引き継げるが、1つ1つの記事を手動で修正する問題も有る。

・被リンクが尽きやすい。

短所

・ワードプレスへの移転は可能だが、上記でも述べたように個別記事1つ1つのURLを修正する手間が発生する。

・独自ドメイン使用可能なはてなブログProで運用しないとワードプレスに移行した際、被リンクを引き継ぐことができない。

・デザインがダサいのが圧倒的に多い。(それでもマシになったが海外デザイナーのセンスが光るワードプレスの方がデザインがカッコいい。

・アフィリエイトをする際の自由度が凄く低い。

・アフィリエイトばかりの記事を書くと消されるらしい。(というサイトも出てきます)Amazonや楽天などのレビューに偏りがちになってしまう。しかもレビューものしか受け付けないような規約も書いてあるので自由がない。(参照:はてなブログガイドライン広告ポリシー

などの規制だらけなので、アフィリエイトをする際いちいち商品を買って書かないといけないのがネックです。その分、ワードプレスは圧倒的に自由度が高いです。

ワードプレスのメリット・デメリット

以下はワードプレスでアフィリエイトをする際のメリット・デメリットです。

長所

1.はてなとは違い、固定ページなどがあるのでそこをnoindexにしてアフィリエイトリンク集などを作ってそこにガンガン集客することも可能。(商品を買ってレビューする必要性がない。詳しい記事の作り方はこちらを参照。)

2.広告の配置が自由

3.被リンクが貼られれば長期的に稼げるサイトになる。

4.はてな並にアクセスに耐えれるレンタルサーバーが出てきている。しかも高速表示で容量も多いところもある。写真もガンガンアップできるとサーバーもある。(写真はお名前ドットコムにおいて、ミックスホストにデータを引っ張るということも可能)

5.カッコいいデザインのテンプレートもあり、内部SEO対策済みのものも多数ある。

*詳しくはこちら↓
https://15243252.com/wordpress-template/

6.SEOはall in one seoというプラグインを使えば簡単に内部SEO対策ができるので、それで十分。

短所

・ブログ開設当初はアクセス数がなかなか稼げないので挫折する人もいる。その点、はてなはいきなり読者ができる仕組みが出来上がっている。ただし、3ヶ月くらい経てば同じアクセス数くらいはワードプレスも稼げる。(Googleの検索結果に出るため)

・はてなは集合体なのでドメイン自体は強いが、それはhatenaのドメインが強いため。独自ドメインにするとそれほど変化はなかった。(インデックススピードだけは速い)

といったところでしょうか。

んで、結局はてなブログProとワードプレスどっちがいいの?

実際にどちらも運用していて思ったのは

・最初の3ヶ月から6ヶ月、つまりGoogleの検索結果に表示されるまでの期間ははてなのほうが集客できる。
・けどその規制期間が終了すればワードプレスのほうが有利かも。

というわけで、長期的に見ればワードプレスの方がSEOにも、運用面でも圧倒的に強いのではないかと思います。ですが、ワードプレスの知識やSEOがまったく苦手という人ははてな側はやってくれるので、メンテナンスを気にせず記事作成に集中できます。ただし、無料ブログサービスはいつ終了するかわからないので、遅かれ早かれワードプレスでブログを運用する技術と知識は身につけましょう。

ワードプレスの初期SEOの弱点を補填するのがTwitterとFacebookのブログ化

最後に、ワードプレスをはてなブログ並にSEOを強くする方法を1つ書いておきます。こうすることでフェイスブックページの方が上位表示されるのでそこからワードプレスに集客することができます。(ただしビックキーワードの上位表示は難しい)

ワードプレス単体だと陸の孤島でSEOするハメになりますが、TwitterとFacebookページの両方はドメインが強いので、最初はここから優先的に集客することをおすすめします。例えば「エアラインニュース」と検索すると1ページ目と2ページ目を長年ウロチョロしている私の趣味Facebookページがありますが、ここが検索結果から読者が増えているパターンの1つとなっています。

*検索結果の画像(試しに実際にこちらで検索結果をご覧下さい。)

ここから旅行関係のワードプレスに移動させることもできますし、Twitterも自分の名前ではなく検索キーワードを名前に入れ、ひたすらつぶやくとTwitter・Facebook共に3ヶ月〜半年で上位表示されるパターンを確認しているので、SNSで専門サイトを展開し、雑記ブログで各コーナーに集客するアクセスアップテクニックがあります。こうすることではてなブログProをやるよりも収益性の高いブログをワードプレスで構築することができるので、要はやり方次第ではてなブログに勝る集客・利益が出るビジネスモデルを作ることができます。

ワードプレスの作り方がわからない!難しそう!と思っているのであればこちらで10分ほどで作る方法を掲載しているので参考にしてみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.