雑記ブログの最大のメリットはジャンル問わず上位表示できるキーワードを発見できる点

SHARE

雑記ブログの最大のメリットはジャンル問わず上位表示できるキーワードを発見できる点

ブログを始めるにあたって最も悩むのが

「雑記ブログが良いのか、専門ブログが良いのか」

という点かと思います。

個人的には初心者ほど雑記ブログにすべき派です。その理由を書いてみます。

雑記ブログ最大の魅力

雑記ブログとはその名の通り、何を書いても良いオールジャンルのブログのことを指します。SEO的な観点からいえば専門ブログよりは弱いかと思いますが、この雑記ブログそのものがキーワード調査になるというメリットを持っています。

 

専門ブログで展開する最大のデメリット

専門ブログは検索エンジンに対して何のサイトかを明確にすることができますが、一方で業界の範囲内でしか上位表示できるキーワードが見つかりません。一方、雑記ブログは幅広いジャンルの上位表示できるキーワードを発見することができるので、アクセスを集める1記事ができた場合、そこからスピンオフさせ独自ドメインで専門サイトを展開するというメリットを持っています。

 なので専門サイトを展開するのは雑記ブログ構築後でも十分なわけで、場合によってはスピンオフしたサイトをアフィリエイトサイトとして売れるブログにしてしまうというテクニックもあります。

 個人的にも一部のジャンルは独自ドメインを取得してこういった戦略を取ったことがありますが、管理するのが大変といった問題点もあるので、時間に余裕のある人がチャレンジすべきかと思います。複数サイトを同時並行で運営するというのはなかなか労力のいるさっ業なので、アフィリエイトで独立した人向けの戦略と言えるかもしれません。

スピンオフが面倒な場合、どのようにアフィリエイト収入をアクセス数を上げるべきか。

インターネットの世界では「先駆者の旨味」というものが存在します。

 誰も書いていないコンテンツで需要があれば市場独占できるというわけです。なので、このような状態になれば専門サイトでなくとも1ページだけで参照されるので、場合によってはナチュラルリンクをもらえるわけです。実際に私はウィキペディアでも参照リンクとして掲載された経験がありますが、ウィキペディアからリンクをもらうと高確率で上位表示される期間が長くなります。

 こうなれば1ページのボリュームを3万字、5万字と加筆していくのも上位表示を維持するための施策になります。または、複数サイト運営(マルチサイト戦略)が面倒という人は1つのメインドメインで専門カテゴリーとして運営し、ブランディングしていくというのもありでしょう。

 プロブロガーのイケダハヤト氏の場合、ある意味雑記ブログですが、すでにアフィリエイトの稼ぎ方を教える専門ブログと化しています。「まだ東京で消耗してるの?」というブログタイトルにはどこにもSEOキーワードがなく、記事タイトルに検索キーワードを入れるよう工夫されています。

 このような戦略もアリで、雑記ブログなんだけども専門性を持たせるというのも1つの方法でしょう。

ブログアクセスアップのコツは上位表示できたキーワードで徹底的に攻めること。

結論、こうなってきます。

 上位表示できるということは

1.競合が少ないか
2.あなたのほうが競争力がある

ということになってくるので、どちらにせよ攻めるべき分野でしょう。アクセス数だけでなくアフィリエイトの収入を増やすときも上位表示できたキーワードから儲る仕組みを考えていくと収入がアップする可能性が高まります。事実、私はこの方法で数万円上がったこともあるので、穴場のキーワードが見つかったら徹底的に1ヶ月間くらい同じジャンルの記事を書いてみることも有効です。

 雑記ブログは意外なキーワードが見つかったりするので、書くネタがないと悩む人は専門ブログではなく雑記ブログから始めてみましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.